不動産所有者向けの相続対策・借地権・底地権・共有・土地活用・物納 売却・交換・建て替え・贈与・無料相談実施中

TOP

なぜ相続と不動産なのか

相続時に不動産が『問題になるから』です。

 不動産の2つの特徴

①不動産には決まった価値がない。

親の相続で財産を受け継ぐ際に、子供2名で下記のような財産を分ける場合、公平に分けられるでしょうか?

現金5000万円は、誰がどのように相続しても5000万円評価で問題はないですね。では、ご自宅5000万円は誰が評価したのでしょうか?

相続税申告のケースでは税理士の方が申告の為に計算する『相続税評価額』が使われます。

例えばこのご自宅は相続税評価額5000万円になりましたが、現金と同額だから相続人のお二人は『公平だ』と納得するでしょうか?

このように、ご自宅評価額5000万円は『基準』を何にするかで、こんなにも価格が変わるのです。

一般的には『首都圏』は相続税評価額よりも時価が高く、『地方』は逆に相続税評価額の方が時価よりも高いという事が多くなります。

相続人全員が、この『不動産は価値が変わる』という事を理解しないと遺産を分ける際に問題となり、争族となる事があるわけです。

相続人(子供)同士は利害関係があるので、『被相続人(親)』が、財産の分け方について相続人全員の前で、『きちんと伝える』事で将来の争いを減らす事が出来るのです。

しかし、被相続人(親)は、将来の争いについてはあまり気にしていないのです。

よく、『うちの子供達は仲が良いので大丈夫(揉めない)』と聞きます。でも、実際には揉めているシーンをよく見かけます。

これは、親が見ている子供と、子供同士の時は『違う』という事です。

ここがポイント

親が健在な時は、財産は『そもそも親の所有』なのです。

ですので、親が健在な時に子供達が口出しする事は少ないはずなのです。(当然といえば当然)ですが、『 相続した財産 』となると話は違うのです。

相続が発生したら、子供達は当然に『自分にも法律的に(公平に)権利がある』と思っているので、公平よりも少ない財産では納得しないのです。

この点が親の誤算であり、揉める要素なのです。

②不動産は分けづらい

  不動産の特徴として、『遺産を分けづらい』という点があります。

 現金だけなら、ピッタリ分けられるので、揉める要素は少ない

現金と違い、不動産は売却して現金化しない限り、ピッタリ1/2には分けられません。

不動産がご自宅の場合、親戚等からの反対もあり売却自体が難しいことも。