他社との違い

他社との大きな違いはスタンスです。

主人公が『不動産』なのか『不動産所有者』なのかの違いです。

通常不動産会社は『不動産』の賃貸・売買・管理を行いますが、業務がすべてです。

例 賃貸住まいからマイホームの購入を考える際に、価格はいくらまでなら買っても良いかを購入者の年収、家族構成、今後の出費など、その方のライフプランを考えて購入価格を割り出すライフプランナー(FP)がいます。

このケースでは主人公は不動産ではなく、購入検討者ですが、当社は不動産所有者側を主人公にした不動産FPなのです。

一般の給与所得者と不動産所有者では以下のような点が異なります。

  給与所得者 不動産所有者
収入面 給与 不動産収入
出費・費用 車・マイホーム、学費 物件修繕費、建替費用
一時金収入 賞与・退職金 更新料・売却代金
収支改善 難しい(やりくり) 活用、組替
重要度 節約 節税、相続対策
  1. 不動産所有者は収入面が一般のサラリーマン等と違い『不動産収入』であり、不動産を現実的に改善させる事が出来れば収入UPが出来る点
  2. 資産規模が大きいので、必ず税金面が悩みとなる点
  3. 不動産は個別性が強い事により相続で分けにくいという点

これらをふまえた上で、賃貸の募集、管理、売却、交換といった不動産業務を行っております。

マンガでわかる!ダブルソリューション物語

 

© 2020 相続・不動産問題の相談室 株式会社ダブルソリューション Powered by AFFINGER5