ブログ

不動産FPの役割

役立つ不動産FP

今回のテーマ

「不動産FPの役割」

不動産会社の業務は、クライアントが意思決定した『買う』『売る』『交換する』について依頼を受け、業務が成功したらクライアントから報酬を頂くというものです。

 

不動産という高額な物について、売買するかどうかの意思決定を、一般知識のクライアントが不動産会社などに相談せず行い、業務の依頼だけをしているのです。

不動産会社は不動産を日々扱っているプロにも係わらず、ほとんど意思決定には

関わっていないという事実があるのです。

 

例えば、ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事は、クライアントの『人生の夢や目標をかなえる為に総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を一緒に考えサポートする』というものです。

FPの仕事はクライアントの意思決定に関わる『ウェイト』が大きいのです。

意思決定前に関わる不動産FP

株式会社ダブルソリューションは、クライアントが行う意思決定の前に相談される存在となり、『クライアンの意思決定に関わるFP分野』『専門知識が必要な不動産分野』の2つの側面からクライアントの『相続と不動産問題』の解決を行い、クライアントの満足を目指します。

 

 

 

 

 

-役立つ不動産FP
-,

© 2021 相続・不動産問題の相談室 株式会社ダブルソリューション Powered by AFFINGER5